【働き方まとめ】「好きなこと」だけはダメ!自分も他人も喜ぶ働き方

自分も他人も喜ぶ働き方を!

自分が“望むこと”と他人から“望まれること”のバランスをとって働く

これが『農マドLIFE』で目指す働き方です。

当ブログでは、僕自身の農業や過去の引きこもりの経験、ネットを通じたビジネスサポートの経験から、「働き方」に関する記事を投稿させていただいています。

ですが、記事の数が多くなったので、このページにポイントを凝縮してお伝えします!

自分も他人も喜ぶ働き方

当ブログ『農マドLIFE』が一番に目指すのは、「ひとりひとりの“自然”な生き方を大切にする」ということです。

ですから、働き方についても、

  • 人間ひとりひとりに合った働き方があり
  • 無理に自分を押し殺したり我慢したりせず
  • 自分の持つ個性や能力が発揮され
  • それによって周りの人も幸せになる

そんなスタイルを目指しています。

好きなこと“だけ”ではダメ!

こんな風に言うと、「好きなことを仕事にするんですね!」と思われるかもしれません。

ですが、違います。

最近は「好きなことを仕事にしよう!」という情報が増えましたし、時代もそちらに進んでいると思います。

そして、僕自身も「好きなこと」や「やりたいこと」を仕事にするのに賛成です。

けれど、「好きなこと」や「やりたいこと」だけではダメなのです。

好きなことを仕事にすると失敗する?!
「好きを仕事にする」が失敗するワケ!他人と向き合う覚悟があるか?「好きなことを仕事にしよう!」 「好きなことの方が儲かる時代だ!」 なんてことが言われます。 確かにそうかもしれません。 ...

↑こちらの記事では、好きなことを仕事にしようとして失敗する理由をお話ししています。

要点をまとめると、

  • 自分の「好きなこと」にこだわりすぎて、「誰かのため」という視点が抜けやすくなる
  • 「お金をもらえる」というのは他者がいて初めて成立するので、それでは仕事にならない
  • また、「好きなこと」だからこそ否定や批判を受けたくない気持ちが働き、他人へ提供することを恐れてしまう

つまり、「好きなことを仕事にしたい!」というのは利己的な視点から出発するので、「他人に喜んでもらう」という視点を持ちづらく、結局 仕事にできず終わってしまうことが多いということです。

仕事は他人の存在があってこそ

仕事へのこだわりは大事!お客様への思いやりはもっと大事!
仕事へのこだわりは大事!お客様への思いやりはもっと大事!いま悩んでます。 何についてかは詳しくお話しできませんが、一言で言うと仕事についてです。 仕事で行き詰まってしまいました。 ...

↑こちらの記事では「自分の“こだわり”だけではダメで、仕事にはお客様への“思いやり”が欠かせない」と書いています。

つまり、自分が「これが好きだ!」「これをやりたい!」といくらこだわっても、

「他の人に喜んでもらえるか?」

という視点が欠けたら、仕事にはならないのです。

というか、「仕事をしてお金をいただく」というのは、他人の存在があって初めて成立するものですから。

人に喜んでもらうことをする!

ですので、自分で起業や副業をするなら、「人に喜んでもらうこと」をどんどんやっていくのがいいと考えています。

自分でビジネスをしたいなら「人を喜ばせること」から!
自分のビジネスを構築したいなら「人を喜ばせること」から始めよう! 全ての基本は「人を喜ばせようとしているかどうか?」だよなー そんなことを思いました。 仕事でもプライベートでも、...

僕は以前 起業されようとする方のITサポートをしていたのですが、その中で

「自分はどんな仕事が向いてるんだろう?」

「そもそも自分は何がしたいんだろう?」

とグルグル悩まれるケースが沢山ありました。

いえ。実は僕自身が、めっちゃグルグルするタイプでした(^^;;

ですが、それでは全然仕事にはならないので、

「グルグルするだけ時間の無駄やから、自分のことは置いておいて、人に喜んでもらうことをやっていこうぜ!」

と、強く言いたいのです。(というか、自分に言い聞かせています(^^;;)

お客様の気持ちに寄り添う

それに実は、自分に専門知識や自信が無くても、仕事になることがあります。

仕事を生み出す秘訣とは?
仕事を生み出す秘訣とは?専門知識がなくてもお金をもらっていい?!インターネットでの発信をサポートする仕事をしています。 もうかれこれ3年以上になりますが、SNSの使い方やブログやHPの立ち上げ方...

僕はITサポートの仕事をさせていただいていましたが、正直に言うと、IT関連の勉強をしたことがありません。

趣味でホームページを作ったりブログを書いたりしていただけです。

ですので、IT専門の業者さんに比べたら、知識も技術も圧倒的にありません。

ですが、関わってくださったお客様は、すごく喜んでくださったのです。

どうしてかというと、

「バヤさんは、ITが苦手な私たちの視点に立って、説明やサポートをしてくれるから」

とのこと。

つまり、「自信や知識があるかどうか」や「好きかどうか」よりも、「お客様への思いやりがあるかどうか」がめちゃくちゃ大事なんです。

もちろん、知識や技術は大事だし、そのために勉強すべきだと思います。そして、好きなことを仕事にできたらすごく幸せです。

けれど、それはあくまでも副次的な要素であって、本当に大切なのは「他の誰かに喜んでもらうこと」なんですよね。

他人の喜びは自分に返ってくる

といいますか、

  • 誰かに喜んでもらえば、それは自分の喜びや自信になり
  • 自分が喜びや自信を得られたら、他の人にもっと喜んでもらいたくなる

というサイクルが生まれます。

仕事の最大の喜びは誰かに喜んでもらうこと
仕事の最大の喜びは誰かに喜んでもらうことなんだなぁ友人の畑を手伝いに行きました。 予想外に喜んでいただくことができました。 そうして思ったのです。 「ああ。やっぱり、誰...

ですから、現在の「好きなことを仕事にしよう!」という風潮には、

「自分の“望むこと”(好きなこと)だけじゃなく、他人から“望まれること”も大事!」

と補足したいのです。

「好きなこと」もやっぱり大事

とはいえ、自分の「好きではないこと」「望まないこと」をするのも違います。

嫌なことはやっぱりしたくないですし、自分の個性や能力をフルに発揮できないですもんね。

それは、ある意味「社会的な損失」とも言えます。

やりたいことを優先しよう!
「やるべきこと」よりも「やりたいこと」を優先しよう!その理由とは?いま目の前に、「やるべきこと」と「やりたいこと」があったとします。 あ。イメージが湧きづらければ、 やるべきこと=仕事 ...

↑こちらの記事では、「やりたいことを優先しよう!」と書いています。

いくら他人から“望まれること”であっても、無理を続けていると、視野が狭くなったり疲労が蓄積したりしますから。

仕事のパフォーマンスが落ちて、結果的に人のためにもならなくなります。

ですから、「やりたいこと」や「好きなこと」を大切にして、自分の内面を喜ばせることも必要なのです。

内側と外側のバランスをとる

つまりは、バランスです。

  • 自分の「好きなこと」「やりたいこと」ばかりにこだわり、他人に目を向けなければ仕事にならないし……
  • 他人のことばかりに目が行きすぎて、自分を消耗させてしまうと、仕事の質が落ちたり継続できなくなったりするし……

ですから、内側(自分が望むこと)と外側(他人から望まれること)の両方を大切にして、バランスを取っていくことがポイントだと言えるのです。

「好きなこと」がわからない?

ただ、「自分の“望むこと”を大切にする」と言っても、

  • 自分の好きなことがわからない
  • 自分に何が向いているのかわからない

という話をよく聞きます。

というか、僕自身も「好きなこと」や「向いていること」を散々グルグル悩みました(^^;;

子ども時代の遊び方がヒント

ですが、あるとき「子どもの頃の遊び方がヒントになるよ」という話を聞きました。

自分に合った働き方を見つけるには?
自分に合った働き方を見つけるには?子ども時代のゲームがヒント!?「自分に合った働き方を見つけたい!」 誰しもが考えることだと思います。 僕自身も、以前はすごく考えて悩んでいました。 ...

この記事では「ゲームのやり方から自分の特性が見えてくる」ということで、

  • 知人はRPGの攻略方法を調べ上げ、それによって他の人にアドバイスするのが好き
  • 僕はRPGでひたすらコツコツとレベル上げするのが好き

というお話をさせていただいています。

こんな風に、子ども時代を振り返ることで、自分が元々持っている特性や「好きなこと」が見えてくることもあるのです。

WhatではなくHowを見る

また、ここから見えてくるのは、「何(What)が好き?」よりも「どのような取り組み方(How)が好き?」という視点です。

先ほどの記事では、同じRPGというジャンルで合っても、プレイスタイルが全く異なりました。

そして、知人も僕も、好きなのは“RPGそのもの”ではなく、“自分なりのRPGへの取り組み方”が好きなのです。

つまり、What(何が?)よりもHow(どのように?)が大事ということです。

これは実際、自分の仕事の経験からも感じました。

好きだと思っていた仕事に疲れたら?
好きだと思っていた仕事に疲れたら?自分の働き方を見直すチャンス!「これからの仕事どうしよう?」と相談しました。 4才の子どもに。 きっと仕事のことや社会のことは全然わかっていない年齢ですが...

「インターネットの仕事が好き!」と僕は思っていましたが、実は

  • 他人のブログやサイトの作業代行するのは嫌い!
  • 自分がブログやサイトを運営するのは好き!

ということが見えて来たのです。

つまり、同じインターネットというジャンル(What)であっても、「どのように関わるか?」(How)によって好き嫌いが変わるということなんです。

ですので、好きかどうかのポイントは、その物事への取り組み方や関わり方(How)にあると考えています。

今ある環境の中で変えていける!

こんな風に捉えると、「他の職業に変えたい!」とか「会社を転職しなきゃ!」ということではなく、「今ある環境でどのように関わればいいか?」ということになります。

すると実は、「自分の“望むこと”と他人から“望まれること”のバランスを取る」というのは、実は今この瞬間にできてしまいます。

特に転職や起業などは必要なく、今ある環境の中で

  • 自分が「どう関わりたいか?」「どう取り組みたいか?」を見つけ
  • 他人に対して「どのようにすれば喜んでもらえるか?」と気持ちに寄り添えればいい

ということになりますから。

って、これがなかなか出来ないから、悩んだり苦しんだりするんですけどね……(^^;;

「評価されたい」気持ちが邪魔をする

ただ、個人的な経験では、仕事が上手く進まないのは承認欲求が原因であることが多かったです。

  • 人から認められたい
  • 自分を評価してほしい
  • それによって自信を得たい

といった気持ちです。

もっと言うと、

  • 頑張ったのに失敗したくない
    (=自己への評価や肯定感を下げたくない)

という気持ちも含みます。

承認欲求を手放す

仕事がもっと楽しくなる秘訣
「評価されたい」「報われたい」を手放すと仕事はもっと楽しくなる!最近、仕事が楽しいです♪ もともと仕事は好きなのですが、ここ1ヶ月ほどでより一層楽しくなりました。 「なんで楽しくなったんだ...

↑こちらの記事には、「認められたい!」「報われたい!」という想いがあると良くない、と書かせていただきました。

「誰かに認めてもらいたい」という気持ちは、自分の内面を大切にしたり、他人に視点が向いているようにも見えます。

ですが、これは自分に対する自信や評価を他人に依存している状態です。

シンプルに言うと、他人から“奪って”いるんですよね。

本来は自分から他人に提供するはずの仕事が、他人からの注目や評価や承認や賞賛といった形で、“奪う”状態になってしまうのです。

お金をいただく大切さ

そして、この承認欲求は、お金のやりとりに関わることもあります。

お金をいただくことの重要性
「認められること」を仕事の目的にしてはダメ!お金をいただく重要性「認められること」や「褒められること」を仕事の目的にしてはいけない…… そんなことを強く思いました。 当たり前のことではある...

一般的に、「値段を安くすること」や、場合によっては「お金をいただかないこと」は、“お客様のため”のように見えます。

ですがそこに、

  • 安くする代わりに評価してね
  • お金をもらわない代わりに褒めてね

という気持ちが潜んでいると、全くお客様のためではありません。

というか、僕自身がこう思っていたのですが、これってバリバリ承認欲求です(^^;;

お金をいただかない代わりに、他人からの評価や賞賛を“奪おう”としているのですから。

これであれば、しっかりと高い価格を設定して、お客様に「この金額をください!」と真正面から言ったほうが、よっぽど健全でしょう。
(お給料をいただいているなら、会社や上司に対して)

それに、しっかりとお金をいただかないと、現実的にも仕事の継続が難しくなります。

ですから、「認められること」や「評価されること」を手放し、しっかりと「お金をください」と伝える勇気も必要なのです。

自分で自分を評価する

そもそも、自分に対する評価や自信というのは、自分ひとりで持つものだと考えています。

他人の意見や注目は関係なく、自分で自分のことを認められればいいのです。
(「自分自身を認めること」については、『心の整え方(メンタルマネジメント)』の記事に書いていますので、よかったらどうぞ(^-^))

そうやって他人からの注目や評価や承認に依存せず、自分で自立した状態をつくることも、充実した働き方をするのに必要なのかもしれません。

まとめのまとめ

というわけで、色々と書いてしまいましたが、この『まとめ記事』のポイントを整理すると……

自分も他人も喜ぶ働き方
  • 「好きなこと」「やりたいこと」だけでは仕事にならない
  • 「人に喜んでもらう」という視点が欠かせない
  • もちろん嫌なことは続かないので、「好きなこと」「やりたいこと」も大事
  • つまり、自分の内面(好きなこと)と外側(他人の喜び)のバランスをとるということ
  • 自分の「好きなこと」がわからない場合は、子ども時代が参考になるかも
  • 承認欲求に邪魔されないように、自分で自分を認められる状態をつくる
    (そして、お金をしっかり受け取る)

となります。

そして、最もお伝えしたいのは、

自分が“望むこと”と他人から“望まれること”のバランスを取るのが大事!

ということになります。

あなたのお仕事に少しでもご参考になれば幸いですm(_ _)m

こういった視点で「働き方」について記事をアップさせていただいていますので、よかったらご覧ください♪

「働き方」の記事一覧はこちら

ほかの記事もいかがですか?

トップページへ当ブログ『農マドLIFE』では、

などを書かせていただいています。
(「農マド」と言いながら、農業やネット関係の記事は少なめです(^^;;)

あなたの人生にとってお役に立てる内容があるかもしれませんので、よかったらご覧ください。

ブログトップへ