生き方

自分だけで頑張るのは良くないけど人に頼りすぎるのもやっぱり良くない!

人に頼るのってよくないね

「やっぱり人に頼りすぎるのは良くないな」と感じています。

もともと僕は、人に頼ったり助けを求めたりするのは苦手です。「自分の努力で何とかせねば!」と思っていました。

ですが、この2年ほどは「人の力を借りよう」と、色々なことを人に頼ってきました。

最近では『他力(たりき)』と言ったりするそうですが、その他力を使わせていただいていたわけですね。

そのおかげで、新しい発見があったし、仕事も新たな展開を見せました、

けれど、ここに来て、それが限界に来ているような気がします。

いえ。きちんと言うと、「人に頼りすぎてしまったばかりに、本来は自分ですべき部分おろそかになり、上手くいかなくなっている」ということです。

「他力」に対して“自分の力”なので、『自力(じりき)』ということです。

この自力を働かさないでいた結果、いつの間に他力に依存してしまい、なんだか上手くいかなくなりました(^^;;

もともと自力ばかりで頑張っていたので、「人に頼ることもしよう」「他力を活用しよう」と意識的に方針転換したのに、それが過度になりすぎてしまったのでしょう。

あちゃー、という感じです( ̄▽ ̄;;

でも、当たり前といえば当たり前ですよね。

自分の生活や人生って自分にしかわからないことが多いし、いま取り組んでいる仕事や目の前に起こる問題は、自分の手で解決するしかないわけです。

もちろん他人の力を借りることで、仕事がスムーズになるし問題解決も早くなる。けれど、結局のところ、自分の人生と生活は自分の手で切り拓かないと何も進みません。

というか、「他力を借りたい」と思っても、自分自身の努力を何もしていない人には、誰も手を貸したいとは思わないわけで……

「あー、しまったー。人に頼りすぎてしもたー」

「もっとちゃんと、自分自身で努力すべきだったー」

「人生の主人公は自分なんだから、自分の主体性を持たなければー」

ということを、今まさに感じているのです。

あ。もちろん、他力を使うことも必要なので、要するに「自力と他力のバランスを大切にする」ということです。

  • 自分ひとりだけで頑張りすぎてもいけないし
  • 他人にばかり頼りすぎてもいけない

というシンプルなことです。

もう少し整理するとで

  • 自分の信念と努力が“核”にあって
  • 自分自身の目的のために必死に邁進し
  • そこに共感してくれた人の力を借りる
  • 中心に『自力』があって、そこに『他力』が絡み合うことで加速する

ということになります。

諸事情により具体的に詳しくはお話しできませんが、

「自分だけで頑張ろうとしてはダメ!」

「でも、他人の力に頼りすぎてもダメ!」

ということをお伝えできたらと思います。

感覚的にでも何かお役に立てれば幸いですm(_ _)m

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

「生き方」のポイントまとめました!
「生き方」のまとめページへ

このブログでは「一人一人の個性が発揮される“自然”な生き方を目指そう!」ということをお伝えしています。

  • 自然な生き方とは何か?
  • そのためにはどうすればいいのか?

をまとめたページを作りましたので、よかったらご覧ください(^-^)

「生き方」まとめを読む