夫婦関係

家事は男の仕事だ!という個人的な意見を時代の変化と共に考察する

一般的に「家事」というと、女性の仕事だと思われているようです。

ですが、個人的には断然“男性の仕事”だと思っています。

だって、家事って肉体労働ですから。

女性より筋力の強い男性が担うのが自然だと思うのです。
(もちろん女性の方が筋力が強いケースもありますけど)

まだ機械の発達していない時代は、外での仕事は農業がほとんどだったので、そちらに肉体労働を割く必要がありました。

ですから、筋力の強い男性が、“外での仕事”を担うほうが理にかなっていました。

となると、家庭内の仕事には男性の労力を使えないので、必然的に炊事・洗濯・掃除などの家事は女性が担う流れになります。

結果、

  • “外での仕事”は男性がするもの
  • “家庭内の仕事(家事)”は女性がするもの

という習慣や考え方が定着したのでしょう。

ですが、時代は変わりました。

日本では太平洋戦争以降、一気に工業機械や電化製品が発達して、各家庭に広まっていきました。

また、農業機械の発達も著しく、それまで人間の手で行われていた作業が、機械が代わりにやってくれるようになりました。

そして今では、“外での仕事”というと、パソコンや書類で事務作業をしたり、接客をしたり、相談に乗ったり、という形に変わっています。

もちろん肉体労働も残っていますが、多くの仕事で機械が活躍するので、以前のように「人間が全ての労働をする」ということは無くなっています。

むしろ肉体労働の仕事でも、機械を操作がメインになっていたりするわけです。
(もちろん、機械を操作することも肉体的にキツかったりするんですけど)

つまり、戦後の日本において、“外での仕事”は肉体労働から解放され、頭脳労働へとシフトしていった、と言えます。

となると、今の時代、“外の仕事”よりも“家庭内の仕事(家事)”の方が肉体的な負担が大きくなっています。

もちろん、家電の普及によって家事の大変さも大幅に軽減されました。

ですが、それでもやっぱり、家事は体を使います

  • 日用品や食材を買いに行ったら、重たい荷物を運ぶ必要がありますし
  • 布団の上げ下ろしやお風呂掃除などは、モノを持ち上げる筋肉を使います
  • 床の掃除だって、掃除機の持ち運びがあるので、それはやっぱり肉体労働です
    (今は「ルンバ」とか全自動で掃除してくれる家電もありますけど)
  • 洗濯は洗いとすすぎと脱水は機械がやってくれても、洗濯物を運んで干して取り込んでするのは体を使います
  • そこに子育てとか加わってきたら、それこそめっちゃ筋力を使うやん!

という風に。

となると、

「これだけ体を使うんだから、家事って男の仕事なんじゃね?」

と個人的には思ってしまうのです。

逆に、今の時代の“外の仕事”では、コミュニケーション能力とか協調性とか人柄などなどがキーになるので、男女の違いは関係なくなります。

むしろ「いま社会にある仕事のほとんどは、女性の方が向いてそう」とさえ思います。
(これまた個人的な意見です!)

であれば、「家事こそ、今の時代の男の仕事だ!」と思うのです。

……って、これは単に、自分が家事するのが好きなだけなんですけどね(* ̄▽ ̄*)

今日も、妻が長期出張から帰ってきて、スーツケースから溜まった洗濯物がいっぱい出て来て、それを一気に洗濯機にかけて、そのあと青空の下にズラーっと干したのが、快感で快感で♪

出張帰りの妻の衣類を一気に洗濯!

「こんな風に、一気に洗って干せるの幸せ!」
「天気予報は曇りだったのに晴れた。やったー!
「このタイミングで晴れるって、ついてるわー♪」
「うちの妻、やっぱ もってるわーー(//▽//)」

となっております。

そんな中で「家事ってやっぱり楽しい!」ということを感じたのでした。

ネットでちらりと見た情報では、「江戸時代の武士の家では男性が家事と子育てをしていた」という話もありますし。
(ちゃんとソースを当たってません! 間違ってたらすみませんm(_ _)m)

なんにしても

「家事って肉体を使う大変な仕事なんだから、今の時代は男が担当した方がいいんじゃないかなぁ?」

と感じております。

一人の主夫のたわごとですが、「こういう人間もいるのだ」という参考情報になれば幸いです(^-^)

というか、男とか女とか関係なく、家庭それぞれに家事や仕事のいいカタチを創れるといいですよね♪

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

「心の整え方」まとめました!

心の整え方をまとめました!もともと落ち込みやすい性格だった僕は、30代の後半になるまで試行錯誤してきました。

そういった「心の整え方(メンタルマネジメント)」についてまとめましたので、よかったらご覧ください(^-^)

「心の整え方」まとめを読む

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。