夫婦関係

遠距離恋愛から結婚できた理由って?“運命の相手”は自分自身で見つける!

遠距離恋愛から結婚できた理由って?

僕と妻は結婚する前、遠距離恋愛をしていました。

妻は東京、僕は大阪に住んでいました。

「遠距離なのに、よく結婚できたね?」

と、時々聞かれるのですが、遠距離恋愛だから大変だったかというと、そうではありません。

むしろ、当時の僕らは、距離が離れていることを楽しんでいただのではないかと思います。

正直、自分でも「遠距離恋愛から、どうして結婚できたのか?」は、ハッキリわかりません。

ただ、頑張って言葉にして答えるのなら、

「彼女が彼女で、僕が僕だったから」

ということに行き着きます。

「ん? 意味わかんない」となられると思いますが、これから少しずつ説明するので、よろしければお付き合い下さいね。

遠距離恋愛から結婚できた理由

それぞれが“自分自身”でいられた

「彼女が彼女で、僕が僕だったから」というのを別の表現にすると

「彼女も僕も、お互いに“自分自身”でいられたから」

ということになります。

もう少し具体的に言うと

  • それぞれに自分のペース(考え方や生活サイクル)を守ることができた
  • それをお互いに大切にしていた
  • だから、距離が離れていても無理することなく、一緒にいても心地よかった

という感じになります。

月並みな言葉で言えば、「互いの価値観を尊重しあっていた」ということかな、と。

そして何より、「相手に合わせて自分を変える」ということが無かったからだと思います。

遠距離恋愛に“方法”なんていらない

よく「遠距離恋愛には努力が必要だ」とか「遠距離恋愛が上手くいく方法」とかありますが、僕たちの場合そういうのはありませんでした(^^;

なぜなら、「関係を継続させようと努力する」というのは、相手にも自分にも無理をさせることだし、「方法が必要」ってことは、自分のペースや価値観を変えてしまうことですから。

もちろん、良好な恋愛関係のためには、努力は必要だと思います。

でも、それは、

  • 相手を理解するための努力
  • 相手に気持ちを伝えるための努力
  • 自分自身を高めるための努力

だと思うんです。

その結果として、恋愛関係が持続することはありますが、「恋愛関係そのものを持続させよう」とする努力って、なんか違うなー、と。

というか、そんなの無理です。

相手の意思はコントロールできない

だって、「関係を継続させる」というのは相手の意思があってこそで、それを何とかしようとするのは相手をコントロールすることです。

でも、人の意思をコントロールすることなんてできません。

なので、遠距離かどうか関係なく、恋愛関係そのものを持続させようとすることは無理だし、できることと言えば「相手を理解する努力」や「相手に伝える努力」だけだと思うのです。

少なくとも、僕たちは「関係を継続させよう!」という努力や無理はしませんでした。

何だか一緒にいることが心地よく、それは距離が離れていても同じで、お互いを大切にしあえている感覚があったので、自然と関係を継続することができました。

単純に“その人だから”

ですので、身も蓋もなく言ってしまうと、

  • “彼女だったから”遠距離恋愛を続けることができた
  • “彼女だったから”結婚することができた

のだと思います。

シンプルすぎますが、これ以外の理由が見つからないんです(^^;;

ですので、もし他の人が相手だったら、僕は遠距離恋愛を継続できなかったし、結婚できなかったでしょう。
(実際、妻とお付き合いする前に、遠距離恋愛している人がいましたが、その人とはお別れしました……)

単に、

  • 一緒にいて心地よく過ごせる相手なら、一緒にいる
  • 一緒にいて無理をしてしまうなら、一緒にいない

だけだったんですよね。

全ての恋愛に言えること?

すみません……「驚きの方法!」とか「誰も知らない秘訣!」みたいなものが言えたらいいんですけど、僕自身の経験ではこういう感じになってしまいます(^^;;

でも、これは遠距離恋愛に限ったことではなく、どんな恋愛にも言えることなんじゃないでしょうか。

以前に流行ったことばを使うなら、

  • 一緒にいて“ありのままの自分”でいられるなら、その人と一緒にいる
  • 一緒にいて“ありのままの自分”でいられないなら、その人とは一緒にいない

ということだけ。

「一緒に過ごしていて、相手が相手自身でいることができ、そして自分も自分自身でいられる」

そんな相手であれば、自然と関係が継続しますよね。

つまり、方法とか秘訣とかではなく、「自分に合った人かどうか?」ということだと思うんです。

自分自身を信じること

ただ、そうなると「そういう人と出会えないから、大変なんじゃん!」というお声が聞こえて来そうです。

これまた非常に申し訳ないのですが、僕は恋愛経験が豊富ではないので、「相性の良い人との出会い方」とか「運命の相手の見つけ方」とかは全然わかりません(>_<)

でも、わからないなりに大切にして来たことはあります。それは、

自分が「いいなー」「素敵だなー」「一緒にいたいなー」と思う人は、それだけで“運命の相手”なんじゃないか

ということです。

「好き」は運命のサイン

僕は恋愛に奥手だったので、出会える女性の数というのは多くなかったです。

というか、以前は引きこもりだったので、おそらく平均以下だと思います。

でも、だからこそ、出会えた人には それだけで何かのご縁だと思っていました。そして、「あ。この人のこと好きだ」と感じたら、その時点で“運命”だと考えていたんです。

結局は自分の思い込みですが、でも、この“思い込み”があったから、妻と結婚することができました。

「この人は僕にとって“運命の相手”かもしれない」

「ううん。一緒にいて これだけ心地いいのなら、“運命”とか関係なく一緒にいたい!」

「だったらもう、この人を“運命の相手”ということにしてしまおう!!」

という感じ。

自分にできる努力をする

そう思ったので、先ほどお伝えした

  • 相手を理解するための努力
  • 相手に気持ちを伝えるための努力
  • 自分自身を高めるための努力

この3つの努力だけは継続して来ました。

その上で、もし「この人は合わないな」「自分に無理をさせてしまうな」と感じたら、離れていたと思います。

ですが、実際には一緒にいればいるほど、楽しくなりました。

他の女性と一緒にいることは考えられなくなりました。

だから僕は、彼女と結婚することに決めたのです。

自分の運命は自分でつくる

それをまとめて言ってしまうと、自分を信じることだと思います。

  • 自分を信じるから、自分の「好き」という感覚を大事にできるし
  • 自分を信じるから、一緒にいてくれる人を大切にできるし
  • 自分を信じるから、遠く離れても愛し続けることができるし
  • 自分を信じるから、その人を“運命の相手”にすることができる

そういうことなのではないかなー、と。

つまり、“運命”って誰かから与えられるものではなくて、自分で決めて自分でつくっていくものだと思うのです。

ですから、遠距離恋愛を継続させるためにも、方法や秘訣は重要ではなく、「この人と一緒にいたいな」という感覚を大切にして、そんな自分を信じることが最も大切なことなのかもしれません。

まとめ

……という感じで、個人的な経験を元に遠距離恋愛についてお話しさせていただきました。

もう一度ポイントを整理すると、

遠距離恋愛から結婚できた理由
  • 僕たちが遠距離恋愛から結婚できたのは、お互いに“ありのまま”でいられたから
  • 恋愛のノウハウや秘訣ではなく、相手が自分に合っていたから、距離が離れていても心地よくお付き合いできた
  • とはいえ、自分に合う“運命の人”は、誰かが決めるものではなく、自分自身で決めるもの
  • 自分の「好き」という感覚を大切にして、自分を信じることで、相手を“運命の人”にしてしまえる

となります。

明日は夜行バスに乗るので、妻との遠距離恋愛のことを思い出してしまうかもしれませんが、そんな思い出に浸りながら旅を楽しみたいと思います(^-^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

「夫婦関係」の秘訣まとめました!
夫婦関係の秘訣まとめました!

当ブログでは、管理人自身の体験を通じて夫婦関係についてアレコレ書かせていただいています。

くすっと笑ってしまうエピソードから、けっこう際どい話までもアップさせていただいています。

そんな夫婦関係を良好に保つ秘訣をまとめましたので、よかったらご覧ください(^-^)

「夫婦関係」のまとめを読む