メンタル

自分の違和感にフタをしない!自分の本心を大切にする!

自分の違和感にフタをしない

「自分の違和感をキャッチするって大事だなー」と思いました。

そして、

「自分の違和感にしたがって行動を起こすことは、もっと大事だな」

と痛感しています。

詳しくは書けないのですが(というか、説明がめっちゃめんどくさい(^^;;)、僕は長いこと自分の本心をごまかしながら生きて来たようです。

いえ。このブログでも「自分の本音を発信するんだ!」と書いてきたのですが、肝心なところで自分の本音にフタをして、それを押し込めて行動して来たように思います。

そのことに、ようやく今日 気づきました。

このことに気づくまでに、およそ1年半の月日がかかっています。

「長すぎやろ!」

と自分でも思うのですが、それだけ我慢できたということで、自分の忍耐力をちょっと褒めたいです(* ̄▽ ̄*)

ただ、ずっと本心を押し込めるということは、そこには確かな違和感があるということで、それが限界に達して

「もうガマンなんかしないもん!」

となったのでした。
(まさにリアルな今日のハナシ♪)

「お前は子どもなんか?」と自分でも突っ込みたくなりますが、でも、こういう自分の中にいる“子ども”を肯定するのって大事だと思います。

そういう素直な気持ちって、理由や根拠はありません。

だから、人にそれを伝えても理解してもらえないことが多いです。

いえ。自分自身でも理解できないです。

けれど、その子どものように素直な心は、たしかに自分の中にあって、否定しようもないものです。

ですから、それにフタをしようとしたり、目を背けたりすると、他のところで支障が出たりします。

具体的には、

  • 体の調子が悪くなったり
  • 仕事がうまく回らなくなったり
  • 夫婦関係で問題が起こったり
  • 子どもが体調を壊したり

といったような感じです。

ここにも根拠はないのですが、「自分の本心に気づけ!」とでも言うように、現実の事象となって現れるように感じています。

だから、

  • 自分の本心をしっかりと感じること
  • 自分の中にある違和感にフタをしないこと

って めっちゃ大事だなぁ、と。

そうじゃないと、自分自身を病気にしたり寿命を縮めたり、大切な家族に悪影響が出たりしてしまいますからね。

ただ、「どうして自分の違和感にフタをしてしまうんだろう?」と振り返ってみると、

「他人のため」

というのが理由でした(あくまでも、僕の場合ですけど)

いえ。正確には「誰かのため」というよりは、「誰かに自分のことを気に入ってもらうため」です。

自分の本心に従うよりも、他の人が望むことや喜ぶことをすることで、自分自身のことを認めてもらい、自分の存在価値を確認したいから、そんな風に自分の本心や違和感に目を背けてしまったのです。

そして、この裏には、

  • 自分のことを肯定できていない
  • 自分に自信が持てない

という状態が隠れています。

自分を肯定できず自信が持てないから、他人からの評価を得ることで、自分の価値を認めたり、自分に自信をつけたくなってしまうのです。

ですが、それは結局、「自分の本心から目を背ける」ということなので、

  • 自分のことは更に肯定できなくなり
  • 自分に自信を持つことは更に遠のき
  • 再び、他人の評価や承認を求める

という負のスパイラルに陥ってしまいます。

つまり、自分の本心や違和感にフタをして、他人に認められようと頑張れば頑張るほど、どんどん自分が不幸になっていく、ということですね。

そのことに今日、ハタと気がつき

「今までオレは何をやっていたんだーーー?!」

と心の中で大きな叫びを上げました( ̄▽ ̄;;

でも、まあ、こうやって長い時間をかけて、このタイミングで気づくということも、自分にとって大きな意味があったんだろう、とも思っています。
(簡単に短時間で気づけていたら、その大切さがわからないですからね)

そんなわけで、

  • 自分の本当の気持ちを大切にしましょう!
  • 自分の違和感にフタをしないようにしましょう!
  • 違和感に気づいたら、自分の本心に従って行動しましょう!

ということをお伝えしたくなって、今日の記事を書きました。

最近よく見かける言葉ではありますが、あなたのお心に何かしらお届けできたら幸いですm(_ _)m

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

「心の整え方」まとめました!

心の整え方をまとめました!もともと落ち込みやすい性格だった僕は、30代の後半になるまで試行錯誤してきました。

そういった「心の整え方(メンタルマネジメント)」についてまとめましたので、よかったらご覧ください(^-^)

「心の整え方」まとめを読む