子育て

子育て中にイライラしてしまったら?怒りの原因は何だろう?

子どもに怒りをぶつけないために

昨日、娘を怒ってしまいました。
大きな声で何度も怒鳴ってしまいました。

もちろん、怒る理由があったのですが、ちょっとやり過ぎたところがあった……と反省しています。

あ。暴力はふるっていませんよ! 声が大き過ぎたり、責め過ぎたりしたな、と(◞‸◟)ションボリ

って、こんなこと言っても、その光景を見たわけではないのでわからないですよね。

ですが、なぜか不必要に怒ったり、イライラすることってありませんか?

特に、子育てのときに。

ですので、これを機会に考えました。

「子育て中に起こる怒りやイライラの原因は何だろう?」

そして気づきました。

不必要に怒らない方法というか、感情をぶつけない方法というか……そのヒントが見えたので、少しずつ書いていきたいと思います!

前日までの疲れに注意!

原因は“疲れ”

今回、僕が不必要にイライラしてしまった原因は何か?

それは、疲れが溜まっていたことです。

「なーんや。そんなことか」

と思われるかもしれませんが、これってすごく大事なことなんです!

自分の身体や精神の調子が整っているかどうかを把握することで、子どもとの接し方も工夫できますから。

そして、さらに大切なのは、前日までの状態がどうだったかに意識を向けることです。

前日までの状態は?

実は、一昨日は娘と二人でお出かけしていました。

神戸のアンパンマンミュージアムへ行き、終日遊んでいたんです。

とっても楽しい時間でしたが、我が家から現地までは車で約1時間半。そして、ミュージアムの中でも、娘の動きを常に注意しておかねばなりません。

その結果、自分の中に疲れが蓄積していたんです。

正直、アンパンマンミュージアムから帰った直後は、心地いい疲れというか……充実感に満ちた感覚でした。

ですが、その翌日(=昨日)になって、疲れがドドッとやって来たんです。

疲れがイライラを生む

まあ、よくあることではあるのですが、こうやって疲れが出るとイライラしやすくなりますよね……。

そして、視野が狭くなります。

すると、何が起こるかと言うと、イライラの感情を感じたときに「目の前で起こっていることが原因だ」と思ってしまうのです。

本当は、前日までに蓄積した疲れが原因なのに……。

こうやって、イライラや怒りの感情の出どころがドコなのか? それを把握するのが大事なんです。

そうすると、目の前の出来事が本当の原因ではないことがわかります。

イライラの原因は子どもではなかった

今回僕は、娘が食べ物を粗末にするような言動を取ったり、おもちゃを雑に扱う行動を見て、イライラしてしまいました。

そういった子どもの行動は確かにいけないことです。けれど、イライラすべきことではありません。

冷静に注意すべきかもしれないけれど、感情的になることではないはずです。

そして何より、イライラの対象は娘ではありません。

たしかに子どもの行動が“きっかけ”だったかもしれないけれど、子どもが原因ではないのです。

僕はここを上手く整理できずに混同してしまいました。

そして、あたかも「娘が全て悪い」「全ての元凶だ」みたいに感じ、不必要に子どもに怒ってしまったのでした。

自分の疲れを認識する

……と、そうは言っても、疲れているときって冷静な判断ができませんよね。

いえ、疲れが溜まって冷静な判断ができないからこそ、理不尽な怒りをぶつけてしまいます(- -;;

しかも、本来向けるべきではない相手に。

今回のイライラの原因はあくまで前日の疲れが残っていたことであり、怒りを向けるとすれば、スケジュール管理ができていない自分自身に対してでしょう。

ですが、目の前で意にそぐわない出来事が起こると、それに対して怒りのスイッチが入ってしまう……。

そんな状況を回避するには、どうすればいいのか?

疲れていることを認める

あくまで一つの方法ですが、疲れていることを自分自身で認めるということだと思います。

「は? 意味わからん!」

となられるかもしれませんが、ちょっと待ってくださいね。実はこれって、けっこう重要なことなんです。

“疲れ”は認めたくないもの

多くの人の習慣として、疲れを肯定するということは少ないはずです。

これは社会的なものかもしれませんが、「人に疲れを見せることは良くない」という考えや、そもそも「疲れることは悪」という考え方が広まっているように思います。

つまり、多くの人が、自分自身が疲れていても、それを認めようとはしないのです。

ですが、これが今回のような事態を生みます。

イライラを感じたとき、本当は自分自身の疲れが原因なのに、その責任を転嫁し、目の前の人や出来事に怒りを向けてしまうのです。

自分の疲れが原因なのに

これは、「自分の疲れに原因がある」という認識ができていれば、起こらないはずなのです。

「あ。いま自分は疲れているんだな。だから、こういったイライラが起こってくるのか……。娘の言動は関係ないから、少し冷静になろう」

という風に、不必要なイライラやそれを関係のない相手にぶつけることを回避できます。

ですが、自分自身の疲れを認識できていないと、イライラが起こったときに、それが自分の疲れが原因だとはわからず、目の前の人や出来事と結び付けてしまいます。

そして、その相手にイライラをぶつけてしまうのです。

疲れを認めることが子育てでも大事

つまり、自分が疲れていることを認めようとしない(あるいは、隠そうとする)がゆえに、イライラの原因を正当に把握できず、不必要な相手に怒りを向けてしまう、というわけです。

そして、子育てをしているならば、多くの確率で子どもに怒りを向けてしまいます。

本来は、子どもに原因はなく、自分の中にあるのに……。

ですから、自分自身の体調に意識を向け、疲れがあればそれを認めることが、子育てでとても大事ということになります。

自分が疲れていることを伝える

お恥ずかしながら、昨日の僕はそれができず、不必要に娘に怒りをぶつけてしまいました。

もう反省と後悔ばかりです。

ですから、娘にはその後でたくさん謝りました。

本当は自分の疲れが原因だと気づいたので、「ごめんね。お父さんは疲れてしまっていて、そのイライラを君にぶつけてしまったよ……」と。

そして、ギューっと娘を抱きしめました。

もちろん、自分の行動は許されるものではないですし、娘も許してくれたかどうかはわかりません。

ですが、自分で本当の原因に気づき、さっきまでの行動が間違っていることがわかったなら、ちゃんと謝るべきだと思ったんです。

そして、そこから気づいたことは、「自分の疲れを伝えることを、事前にしておけば良かった」ということでした。

自分の疲れを子どもに伝える

先ほど触れたように、多くの人は自分の疲れを隠す傾向があります。あるいは、自分自身で疲れに気づかないようにしてしまいます。

「ガマンが美徳」とでも言うように、疲れから目を背け、他人に伝えることを避けます。

ですが、この疲れを敢えて人に伝えるようにしたら、どうなるでしょうか?

今回の僕のケースでいえば、娘に伝えていたらどうなっていたでしょうか?

おそらく娘はわかってくれなかったと思います。ですが、僕自身の中ではしっかりと状況が把握できていたと思います。

そう。「子どもにわかってもらう」というより、「自分で自分の状態を把握できる」という効果があるのです。

自分の状態を把握できる

たとえば、

「お父さんは今日は疲れているみたい。だから、君のちょっとした言葉や行動にイライラしてしまうんだよ。ごめんね」

という風に素直に伝えていれば、

「あ、そっか。自分はいま疲れた状態なのだから、イライラが起こっても、それは娘のせいではないんだな!」

と自分自身の中で確認することができます。

もしかしたら、娘もそれを理解して行動を変えてくれるかもしれません。

少なくとも自身の状況認識が高まり、理不尽に怒ってしまう確率は下がるでしょう。

こうやって、自分の疲れを素直に認め、それを相手にも事前に伝えることで、悲しい状況が起こることを防ぐことができるのです。

何よりも「休む」ことが大事

とはいっても、やっぱり疲れは疲れ。

どんなに冷静になったところで、どんなに相手に伝えたところで、自分の中に疲れが残っている限り、根本的な原因解決にはなりません。

ですから、最も大切なことは「休む」ということになります。

なんというか……自分で書いていながら、当たり前すぎてイヤになりますが、でもやっぱり休むことは大事です。

そして、しっかり休むための行動を取ることが大事です!

不必要な行動を取らない

実は昨日もそうだったんですが、疲れが溜まっていると不必要にダラダラと行動してしまいます。

スマホを無意味にいじってしまったり、YouTubeをボーッと観て時間が過ぎてしまったり……。あるいは、すぐにお風呂に入って寝ればいいのに、食事の後に録画していたプリキュアを観てしまったり……。

そんな風に、疲れているときって、「休む」という行動すら上手に取れなくなってしまうものなのです。

休むことを最優先の目標に!

ですから、「休むことが大事!」というのは、何度言っても言い足りないでしょう。

疲れているときはもはや、「休むこと」を目標にするのが良いです。

休むことを最優先の目標にして、そこへ全速力で向かう。

そうやって、スマホもYouTubeもテレビも(プリキュアも)、全部振り切ってしまうのが良いです。子育てをしているなら、子どもと一緒に全速力でお布団に向かうのが良いでしょう。

そうやって、自分の疲れを認めて、できるだけ早く休むための行動を取ることが、自分にとっても周りにとっても、何より子どもにとってハッピーになることだと思うのです。

もしかしたら「毎日スケジュールがいっぱいで休む時間も取れねーよ!」というケースもあるかもしれません。ですが、その場合だと今回から話が変わってきます。そもそも論として、生活そのものに無理が生じている可能性が高いので、

  • 物事の優先順位を整理し直す
  • 自分のキャパシティを越えているなら、他者の助けを借りる
  • それすらも出来ないのなら行政のセーフティネットを活用する

などなどの対策が必要かと思われます。今回の記事では有効な対処法とはなりませんのでご理解をいただければ幸いですm(_ _)m

子育てでのイライラ対策まとめ

さて。自分の失敗経験から、子育てでイライラした場合、不必要に怒ったり、その感情を子どもにぶつけない方法を書いて来ましたが、ポイントを整理すると……

Point
  • イライラの原因は、子どもではなく自分にある可能性が高い
  • 具体的に言うと、自分の中に蓄積した“疲れ”が原因かもしれない
  • 疲れがある場合は、まず自分で認識する
  • 疲れていることを周囲にも伝えられたらもっと良い
  • 疲れがあるならダラダラ過ごさず、休むことへ全速力で向かう

という感じになります。

もちろん各ご家庭やお子さんによって状況は違いますから、一概には当てはまらないとは思いますが、何かしらご参考になるところがあれば嬉しいです。

あなたの子育てが、より楽しいものになることを心から祈っています。

というか、自分はもっと楽しく子育てしたいです(^^)

一緒にがんばりましょう〜〜〜!!

「子育て」のポイントまとめました!
子育てのポイントまとめました!

当ブログでは、男性視点から子育てのことを書かせていただいています。

以前は娘から「おとうさん嫌い!」と言われていたのですが、今では「好き」と言ってもらえるようになり、僕自身も子育てが楽しくなりました♪

そんな子育てのポイントをまとめましたので、よかったらご覧ください(^-^)

「子育て」まとめを読む

関連記事