旧家

時代に合わせた変化を!資産家や旧家が本当に守るべきものとは?

旧家・資産家が大切にすべきものとは?
  • 時代の流れに合わせて新たなものを取り入れる
  • けれど、古くから続く大切なものは無くしてはいけない

こう考えています。

こんにちは! 「農マドワーカー」の泉林(いずばやし)です(^^)

昨日の投稿では、「これからの資産家・旧家は、新しい変化を起こしていくべき」ということを書かせていただきました。

僕は400年続く旧家の跡取りです
好きなことをやってはダメ!?旧家の跡継ぎが見つけた新時代の生き方とは?僕の家は400年続く旧家です。 記録によれば、江戸時代が始まる直前、1600年ごろに居を構えたとされています。それ以来 江戸時代が...

かなり僕の個人的な事情まで踏み込んでしまいましたし、「資産家」とか「地主」とか「旧家」と呼ばれる人たちが、果たしてこのブログを見に来てくれるのかは、はなはだ疑問ではありますが(^^; それでも、自分の本音を書かせていただきました。

そう。古くから続くものばかりにこだわって、新しい挑戦をしないのはダメなのです。

そして、それが個人の個性や創造性を殺してはいけないのです。

これからの時代は、資産家や旧家こそが個性と創造性を発揮して、新たな変化を起こしていくべきだと思います!!

……って、ほぼ自分のために言ってるようなものなんですが、でも良いんです。僕はこうやって生きたいですもん!!

ただ、ここで注意しなければならないのは、「古いものを何でもかんでも否定しらいいのか?」というと、全然違います。

むしろ、古いものは残すべきです。

もっと言うと、時代を越えても大切なものを見極め、それを核として新たな変化を起こしていくべきなのです。

今日は、この辺りのことに踏み込んでお話ししていきたいと思います!

家訓や歴史を振り返る

先ほど「時代を越えても大切なもの」とお伝えしましたが、具体的な例ではどんなものなのかというと、「理念」とか「家訓」とか「ポリシー」とか「志(こころざし)」といったものになります。

我が家は400年続く家なのですが、曽祖父がまとめてくれた家訓が残っています。
(本当は初代から伝わっているものが家訓とか理念なのだと思いますが、曽祖父が代々の記録と自身の人生を振り返って整理したものです)

要するに、

  • 自分の家がどんな考えや想いの元に生まれたものなのか?
  • 長い年月の中で何を大切にして来たのか?

がわかるものです。

ちなみに、我が家の家訓は一言でまとめてしまうと「富郷裕民」です。「郷里(地元)を富ませ、人々を豊かさとゆとりをもたらす」というのが、我が家の400年の役割なのでした。

で。こういった「家訓」や「理念」は、どんな時代であっても大切にすべきだと僕は考えています。

なぜなら、この「家訓」や「理念」があったからこそ、その家は長年存続することができ、財産を築くことができたからです。

つまり、現時点で旧家・資産家が持つ財産や名誉の“根っこ”になっているもの、ということですね。

この「家訓」や「理念」は、時代を越えても通用するものであり、決して無くしてはいけないものだと僕は考えています。

もし家訓が伝わっていない場合は、そのお家の歴史を遡るのが良いと思います。

家系図であったり過去の記録であったり、あるいは地元の人たちに話を聞いたりして、過去の経緯がどんなものだったのかを知るのです。

そういった過去のエピソードの中から、

  • 自分の先祖はどんな気持ちで生きていたのか?
  • 何を大切にしていたのか?

を汲み取っていくわけです。

「家訓」や「理念」を元に新しい変化を起こす

「ん? でも、それじゃあ新しい変化にならないじゃん!」
「家訓って古臭いなぁ……。そんなものこそ捨てるべきやん」

と思われるかもしれませんが、ちょっと待ってくださいね。

実は「家訓」や「理念」を大切にするからこそ、新しい変化を起こせるんです。

実際、老舗(しにせ)と言われる企業は、こんな形で継続されています。

とある布団メーカーさんの話

これは伝え聞いた話ですが、とある有名布団メーカーさんは、江戸時代の創業当時は蚊帳(かや)を販売されていたそうです。

「蚊帳」というのは、夜眠る時に蚊が飛んでこないようにするネットのような器具ですね。

それがいつしか布団を販売されるようになったのだとか。

ですが、蚊帳にしても布団にしても、「お客様に快適に眠ってもらう」という目的は共通しています。

つまり、目に見える製品の形は変わっても、根っこにある理念はずっと変わってない、ということです。

そのメーカーさんは今では、お客様の睡眠に関する相談に乗るサービスも展開されているそうで、これもまた「快適な眠りを提供する」という目的に沿ったものですね。

“娯楽”を作り続ける会社

また別の例を挙げれば、任天堂さんがわかりやすいと思います。

任天堂さんと言えば、今ではテレビゲームで有名ですが、もともとは花札やトランプを製造されていたそうです。

1889年(明治22年) 山内房治郎が、京都市下京区にて花札の製造を開始。

1902年(明治35年) 日本初のトランプ製造に着手。

任天堂株式会社:会社の沿革より引用

と、会社のホームページに書かれているように、日本で初めてトランプを作ったのが任天堂さんだったわけです。

今でも花札やトランプを製造されているそうですが、前面に出ているのはテレビゲームの機械やソフト。

これも創業当時から製品の形が変わった事例と言えます。

ですが、その根底に貫かれているのは、

私たちは、これからも「人々を笑顔にする娯楽をつくる会社」であり続け

任天堂株式会社:経営方針-社長メッセージより引用

ということ。

つまり、花札でもトランプでもテレビゲームでも、「人々を笑顔にする娯楽をつくる」という理念は変わらない、ということですね。

そして、根底の理念は変わらないけれど、製品の形は時代に合わせて変化してきた、と言えるでしょう。

本当に大切なものは目に見えない

いかがでしょうか? こういった事例を見ると、目に見える「商品」は大きく形が変わっていますが、根底に流れるものは昔から変わっていないのです。

つまり、僕がお伝えしたいのは、こういうことです。

  • 代々の先祖が伝えてくれた「理念」や「家訓」といったものは、いつまでも大切にしていく
  • けれど、実際のモノや方法は、時代に合わせて変化させていく

これが、旧家や資産家、地主といった人たちが取っていくべき姿だと思っています。

よく「先祖からの財産を守るべきだ」「家の建物と敷地は存続させるべきだ」「そうやって代々続くものを残すのが良いんだ」ということを聞きますが、僕は違うと思います。

なぜなら、財産(預貯金や不動産、株式など)も、家の敷地も建物も、結局は「理念」や「家訓」から派生しただけのものであって、本当の“核”や“根っこ”の部分ではないからです。

結局、お金や株や不動産といった形あるものは、本来残すべきものではないのです。

それよりも、守るべきは代々続いてきた「理念」や「家訓」

そういった目に見えないものこそを、次へ伝えていくべきだと思います。

月並みな言葉になってしまいますが、本当に大切なものは目に見えないのです。

代々続く資産家や旧家は、そこを大切に守るべきだと思います。そして、実際の形や方法は時代に合わせて変えるべきなのです。

古き良きものを守るためにこそ新たな変化を

  • 時代の流れに合わせて新たなものを取り入れる
  • けれど、古くから続く大切なものは無くしてはいけない

冒頭でお伝えしたこの言葉の理由は、以上の通りとなります。

いえ。もしかしたら、代々続く大切なものを守るためにこそ、新しい変化が必要なのかもしれません。

古いものを守りたくても、旧来のカタチやモノや方法ばかりに囚われていては、時代の変化に飲み込まれてしまいますから。

先ほど、我が家の家訓は「富郷裕民」とお伝えしました。わかりやすく言えば、「地域に貢献すべし」ということです。

その精神のもと以前の我が家は、地元で製造業や銀行業、山林業や農業などなどを営ませていただいていました。

そうやって、僕のご先祖様は、郷里が富むようにし、人々に豊かさとゆとりを提供しようとしていたのでしょう。

ですが、時代は変わりました。

昔のままの事業をそのままやっていいとは限りません。むしろ、旧来の形を残そうとすれば、逆効果になる恐れだってあります。

そして、今は大きな時代の変わり目です。この時節だからこそ、変わらなければならないと思っています。

代々の目に見えない「理念」や「家訓」を守りつつ、目に見える形は変えていく

それが必要なタイミングだと考えています。

じゃあ、これからの時代に合った形ってどんなものなのか?

その答えは見えていませんが、模索と変化を続けることだけは欠かせないと考えています。

ほかの記事もいかがですか?

トップページへ当ブログ『農マドLIFE』では、

などを書かせていただいています。
(「農マド」と言いながら、農業やネット関係の記事は少なめです(^^;;)

あなたの人生にとってお役に立てる内容があるかもしれませんので、よかったらご覧ください。

ブログトップへ