【子育てまとめ】お父さん嫌い!と言われても子育てが楽しくなった理由

親として少しずつ成長しよう!

子育ての秘訣とは

  • 子どもと接する機会を増やし、慣れていくこと
  • その過程で、親である自分の欠点を見つけ、改善していくこと

だと考えています。

つまり、親は子どもが生まれても、精神的にすぐ親にはなれず、辛いことや苦しいことを経験しながら、親として少しずつ成長していく、ということです。

よく言われる言葉に「育児は育自」というものがありますが、子育てとはまさに“自分を育てること”だと思うのです。

そして特に、男性(父親)は この傾向が強いのではないか、と感じています。

このブログには男性視点から「子育て」記事」をアップさせていただいていますが、このページにはポイントをまとめて書かせていただきます!

子育てが上手くできませんでした……

ブログへのご来訪ありがとうございます! 農マドワーカーのバヤと申します。

自然農法の田んぼをしながら、インターネットで活動もさせていただいています。

そんなライフスタイルのため、家で子どもと接することが多いです。

一方の妻は、海外旅行の添乗員をしているため、海外へ行くことが多いです。

ですので、妻が海外に出張している間は、僕と子どもの二人暮らしになります。

いま娘は5才。

今では二人きりでも平気で過ごせるようになりましたが、以前は子育てに戸惑い、 全く上手くできませんでした

「お父さんキライ」と言われて

僕はもともと子どもが好きです。

昔から父親になることに憧れていましたし、大学時代は教育学の専攻でした。

だから、子どもが生まれ時はすごくうれしかったですし、「立派な父親になろう!」と心から思いました。

出産直後は毎日の料理をしたり、オムツを普通に替えたり、抱っこもいっぱいしました 。

けれど、正直なところ、妻ほど上手くできませんでした

どんなに可愛くても、子どもと一緒にいるとすごく疲れましたし、イライラすることも多かったのです。

時には、理不尽に怒ってしまうこともありました。

子供の頃に親から怒られた理由とは?
親に理不尽に怒られていたのはなぜ?自分が子育てして見つけた原因子どもがうるさいです……。 って、こんなことを言うとご批判が飛んで来そうですし、 「自分の子どもやろ?」 「愛してないんか...

結果、子どもがしゃべるようになると、「ママ大好き!」「おとうさんキライ」が口ぐせのようになってしまいました
(我が家では、妻のことを「ママ」と呼び、後のことを「おとうさん」と呼んでいます。和洋折衷型です)

辛いことや苦しいことで成長する

特に、妻が海外出張へ行くようになり、二人で過ごす時間が多くなると、「おとうさんキライ!」としょっちゅう泣かれました。
(あ。妻が海外添乗員の仕事をするようになったのは、娘が幼稚園に入ってからなんです。それまでは基本的に妻が子どもを見てくれていました)

「僕なりに子育てを頑張ってきたのに、何でこんなことになるんだろう?」

と、とても情けなく、子育てがキライになりそうでした。

けれど、妻が仕事の出張で家を空けるようになったので、弱音は吐いていられません。

自分なりに一生懸命子どもと向き合いました。

子どもに感情的に怒ってしまうのは親が成長するチャンス!
子どもを感情的に怒ってしまった時は?実は親が成長するチャンス!ここのところ、3才の娘に怒ることが多かったです。 昨日まで妻が長期の出張に出ていて、自分に疲れが溜まっていたというのが、最大の原因...

その結果、子育てでの苦しいことや辛いことが、親として成長する一番の材料だと気づいたのです。

4年かかって“父親”になれた!

そうしていると、 娘が4才を過ぎたあたりから(妻が海外へ行くようになって約一年経ったころ)、変化が起きました。

  • 子どもと一緒にいても疲れなくなったり
  • 子どもと共通の趣味や遊びができるようになったり
  • 何より、子どもに対するイライラが少なくなったり

なんだか色々うまくいくようになったのです。

子どもにイライラすることが少なくなってきた
子どもにイライラすることが少なくなったのでポイントをまとめました以前の僕は、子どもと一緒にいるとイライラしていました。 もちろん子どもは可愛いし、自分の子どもとあればとても愛おしいです。 ...

そして、5才になった頃からは、

「おとうさん好き」

と言ってもらえるようになりました。

感動です(*T^T*)

よく「子どもが生まれると女性はすぐ母親になるけど、男性が父親になるのは時間がかかる」と言われます。

僕の場合もまさにそれで、4年以上の時間を経て、ようやく父親になれたのです。

男は子どもが生まれてすぐ父親になれない
男は子供が生まれてすぐ父親になれない?!4年経って自覚が持てた話子どもがとても可愛いです。 現在、うちの娘は4才。 今までも可愛かったのですが、最近すごくすごく愛おしく感じます。 そ...

あきらめなければ子育ては上手くなる

あ。でも、僕はめちゃくちゃ不器用なので、世のお父さんたちはもっと上手にされているのかもしれません(^^;;

ただ、不器用だからこそ、気づいたことがあります。

子育てが下手でも、「キライ」と言われ続けても、自分のダメなところに向き合わされても、子どもと触れ合う時間を持ち、あきらめず努力し続ければ、ちゃんと子育ては上手くなっていくんだ

そして、子どものことが前より好きになれて、子どもからも愛されるようになるのです。

男性が一人で子どもの面倒を見るためには?
男性が一人で子どもの面倒を見るためには?秘訣は2つ!「男性が小さな子どもと一緒にいると、激しく消耗してしまう……」 と、昨日の記事で書きました。 https://noumad-...

親として一つ一つ成長していく

ですから、 僕にとって子育ての秘訣は

  • 子どもと接する機会を増やし、慣れていくこと
  • その過程で、親である自分の欠点を見つけ、改善していくこと

だと思うのです。

その間には、情けないことやイラ立つこと、悲しいことや苦しいことも沢山あります。

けれど、その問題一つ一つを受けとめて、自分の未熟さと欠点を一つ一つ乗り越えていくことで、子どもに愛される親になっていけると感じています。

子どもにイライラするのは実は親に原因がある
子どもの言葉や行動にイライラする!それって実は自分が原因?!最近、子どもにイライラしていました。 ですが昨日、こんな話を聞いたんです。 「子どもって、親の心や行動をそのまま映し出すんで...

子どもとは、親である自分を映し出す鏡のようなもの。

だから、子育てが上手くいくようになるには、自分を変えることが一番効果的なのかもしれません。

変えるのは子どもではなく自分自身

つまり、変えようとするのは子どもではなくて、親である自分自身なのです。

「子育て」というと、子どもを教育しようとしたり、何とかコントロールしようとしがちです。

もちろん躾(しつけ)という点で、親から子どもに対する教育やコントロールは必要でしょう。

ただ、いくら子どもであっても、自分とは異なる一人の独立した人間です。

ちゃんと自分の意志を持った存在です。

ですから、過度に子どもをコントロールしようとすると、逆に苦しくなってしまいます。

であれば、「子どもを変えよう」とするのではなく、「自分が変わろう」とする方が効率的だと言えるのです。

子どもと向き合いながら自分を変える

例えばですが・・・

子育てがイヤになったときに思い出したいこと
子育てが嫌だ!と感じた時に思い出したいこと「子育てなんてもう嫌だ!!」と思っています。 妻が海外出張へ行って一週間。 3歳の娘とずっと一緒にいる状態なのですが、そろそ...

↑「自分の親もこんな風に苦労していたのか」という視点を持ったり

子どものご飯に心はかけるけど手間はかけない
子どもが食べる料理に心はかけるけど手間をかける必要はないかも「子どもには良いものを食べてもらいたい」 これは、どんな親でも願うことではないでしょうか。 かく言う僕自身も、4才の娘に...

↑子どもが食べるご飯へのこだわりを緩めてみたり

子育てでは親の気持ちも大切にしよう
子育てで余裕が無くて怒ってしまう!自分の気持ちも大事にしよういっぱいいっぱいになって、子どもに怒鳴ってしまいました。 なさけない・・・。 しかも、原因は単に「疲れて余裕が無くなってしま...

↑子どもの気持ちを汲み取るだけでなく、自分自身の気持ちもキャッチして、それを素直に表現してみたり。

そんな風に、子どもと向き合いながら自分自身とも向き合い、自分を変える努力を続けることで、親として少しずつ成長していくのだと思うのです。

男性こそ“少しずつ”ステップアップ

ただ、ここで男性(父親)の傾向について言及してみると・・・

もしかしたら男性は、「少しずつ成長する」というのが苦手かもしれません。

どちらかというと効率重視で、すぐに結果を得たいと考えがちですから。
(少年マンガとかでも、主人公が一気に強くなったり、強力なアイテムを手に入れる描写が多いですし……)

ですが、子育てに関しては、すぐに効果が出るということはなく、少しずつステップアップするものだと感じています。

まさに、子どもと一緒に成長する感覚ですね。

なので、もし男性が子育てが悩んだなら、焦らずゆっくり子どもと過ごすことに慣れ、少しずつ父親になっていくといい、とお伝えしたいです。

ただ、そのためには、たえまぬ努力が必要となるので、そこは覚悟してください!(^-^)

父親が子どもに好かれるためには努力が必要である!
子どもに好かれるためには努力が必要である!特に父親は!?僕は以前、子どもと仲が悪かったです。 というか、子どもに嫌われていました(T-T) 別に何か悪いことをしたわけでもなく、触れ...

子育てのためにこそ旦那を育てる

あ。なので、奥さん! 旦那さんが子育てが苦手そうでも、ゆっくり見守ってあげて
下さいね!!

旦那さんがいきなり子育てできるとは期待せず、少しずつ上手になるのを見守ってあげて欲しいのです。

「え? なんでそんなことしなくちゃいけないの?!」

「同じ“親”という立場なんだから、私と同じくらいできて当然でしょ?」

と思われるかもしれませんが、男って基本的に弱い生き物です……。

男性の本性とは?3歳半健診で気づいた男の子の特性と魅力!男というものは・・・ わがままで自分勝手でやかましい だからといって強いわけではなく、根は弱い なので、自分の...

ですので、努力して成長する時間が必要なんです。

ですので、最初はめんどくさいし、子育てが下手なことにやきもきするかもしれませんが、時間をかけていくと、めちゃくちゃ力強いパートナーになる可能性だってあります。

うちの妻のように、子育てを旦那に丸投げして、自分の好きな仕事をどんどんできるケースだってあるわけですから。

そう。女性が子育てを上手く進めるためには、「旦那を上手に育てること」が大きなポイントだと思うのです。
(ここでは「旦那」という表現にさせていただきましたが、彼氏さんなど他のパートナーである場合も含みます)

まとめのまとめ

さて。子育てについて個人的な経験や考えを書かせていただきましたが、最後にポイントを整理すると、

子育ての秘訣
  • 親は子どもが生まれても、精神的にはすぐ親にはなれない
  • 子どもと過ごすことを通して、本当の親になっていく
  • 子育てで起こる辛いことや苦しいことは、実は親として成長に欠かせないこと
  • だから、子どもと向き合いながら自分とも向き合い、少しずつ自分を成長させていく
  • 子どもを変えようとするのではなく、自分自身を変えることが大事
  • 特に男性(父親)は、親になるまで時間がかかるかもしれない
  • なので、男性は親になるための努力を欠かしてはならない
  • 女性(母親)にとっては、パートナーの男性(旦那or彼氏)の成長を見守ることが、子育てが上手くいくポイントかも

となります。

とはいえ、僕もまだまだ成長途中で、やっぱり子育てに疲れたりイライラしてしまったりします(^^;;

読者さんからも「不器用な子育てですね」というコメントをいただくくらいで……。

でも、そんな不器用で情けない自分だからこそ気づくこともあると思い、子育てについて書かせていただいています。

よかったら、またご覧ください♪

「子育て」の記事一覧はこちら

ほかの記事もいかがですか?

トップページへ当ブログ『農マドLIFE』では、

などを書かせていただいています。
(「農マド」と言いながら、農業やネット関係の記事は少なめです(^^;;)

あなたの人生にとってお役に立てる内容があるかもしれませんので、よかったらご覧ください。

ブログトップへ